呼吸の科学

スパイアストーンのカスタムアクティビティセンサーとフォースセンサーを

組み合わせて、呼吸が緊張した、集中した、または穏やかな心の状態を反映

している期間を特定します。

スパイアストーンは、息を吸ったり吐いたりするときに、胴体と横隔膜の膨張と収縮のリズムを通じて呼吸を感知します。

高度なアルゴリズムは、呼吸特性を認知および感情状態と相関させる

数十の実験室研究の結果に基づいて、呼吸パターンを分類します。

 

スパイアストーンのアプリのガイダンスは、不安と痛みの緩和、心拍数の

変動の増加、血圧の低下に関する臨床研究のプロトコルにも基づいています。

呼吸 呼吸法 呼吸が浅い 呼吸 浅くなる 呼吸 アプリ 呼吸 アニメ 呼吸 浅い チェック 呼吸 意識 呼吸 息苦しい 呼吸 ウェアラブル 呼吸 うつ 呼吸 エネルギー 呼吸 エクササイズ 呼吸 横隔膜 呼吸 奥まで吸えない 呼吸 苦しくなる 呼吸 訓練 呼吸 苦しい 背中痛い

呼吸 健康 呼吸 健康法 呼吸 計測 呼吸 効果 呼吸 呼気 呼吸 交感神経 呼吸 交感神経 副交感神経 呼吸 最強 呼吸 心拍数 呼吸 姿勢 呼吸 集中 呼吸 ストレス 呼吸 少ない 呼吸 睡眠 呼吸 背中 痛み 呼吸 センサー 呼吸 測定 呼吸 測定方法 呼吸 速さ 呼吸 測定器 呼吸 速度 呼吸 代謝 呼吸 正しい 呼吸 大切 呼吸 単位 呼吸 調節

呼吸 トレーニング 呼吸 マインドフルネス 呼吸 痩せる 呼吸 やり方 呼吸 痩せた呼吸 やせる 呼吸 痩せ 自律神経 呼吸 nhk 呼吸が苦しい 呼吸 グッズ 呼吸 毎分呼吸 自律神経 呼吸 自律神経 関係 呼吸 喘息 呼吸 禅 発熱 呼吸 増加 加齢 呼吸 増加呼吸 ダイエット 呼吸 大事 呼吸 動悸 呼吸 バイタル 呼吸 場所

呼吸 バイブレーション 呼吸 秒数 呼吸 秒 呼吸 ペースメーカー 呼吸 ペース 呼吸 ポジショニング 呼吸 bpm 呼吸 腹筋 呼吸 深さ 呼吸 フィジカルアセスメント 呼吸 深い 呼吸 副交感神経 呼吸 腹式呼吸 呼吸 瞑想 呼吸 脈拍 呼吸 乱れる 呼吸 胸が苦しい 呼吸 ヨガ 呼吸 ゆっくり

​呼吸

呼吸の仕方によって脳と身体の

内部プロセスが決まります。

呼吸は、直接コントロールできる唯一の自律神経機能です。

スパイアストーンは、超高感度のフォースとアクティビティセンサーからの入力を組み合わせることにより、吸気と呼気を感知します。

次に、このデータをノイズ除去し、通常の呼吸方法に従って分類するアルゴリズムに送り込みます。つまり、あなたにとって「落ち着いている」ことは、別の落ち着いていることとは異なります(あなたにとって落ち着いている状態は時間の経過とともに変化します)。

これらのアルゴリズムは、呼吸波形の多くの特性:吸入/呼気持続時間および体の傾き、吸入および呼気後の保持持続時間(非常に異なる意味を持つ)、吸入/呼気比、一貫性、および

サイクル自体の形態を使用します。

​落着き

この状態は通常、毎分6~12回の呼吸の範囲で発生します。

穏やかな呼吸は、平均速度より常に遅い呼吸として測定されるます。

スパイアが「自律的にダウンレギュレートされた」リラクゼーション状態を指すため使用する用語です。

この状態は、副交感神経の活性化、健康な血圧、性機能、消化、免疫系機能、および睡眠の質と関連しています。

ストレス反応に拮抗し、身体と精神が恒常性を維持するのを助けます。

スパイアストーンアプリは、穏やかな呼吸が大幅に途絶えたときに通知し、経時的な進行状況の指標を提供します。

​緊張

この状態は通常、毎分18~24回の呼吸の範囲で発生します。

緊張性呼吸は、平均的な心拍数や一貫性よりも速く(特に呼気)かつ不規則に呼吸することで測定されます。

スパイアヘルスは、不安、認知負荷の増大、興奮または興奮に関連する「自律神経的にアップレギュレートされた」状態を指すために使用する用語です。

この状態は、交感神経の活性化、すなわち神経系の「闘争または逃避」によって特徴づけられれます。

この状態には、脅威にさらされる状況に対処するために身体を準備させるメリットがいくつかあります。つまり、感情の記憶を保存するのを助ける、胴体への血流を制限し身体を運動させる準備を行います。

しかし、繰り返しまたは頻繁に起こる緊張は、高コルチゾールレベルと血圧、副腎疲労、胃腸障害、免疫システムの障害に関連しています。

スパイアストーンアプリは、緊張した呼吸の流れに入ったときに通知し、経時的な進行状況の指標を提供します。

緊張型頭痛 緊張 緊張性頭痛 緊張ほぐす 緊張しい 緊張しない方法 緊張 吐き気 緊張 腹痛 緊張 汗 緊張 足の震え 止め方 緊張 足が震える 緊張 汗 顔 緊張 足汗 緊張 あがる 緊張 熱くなる 緊張 胃痛 緊張 胃 緊張 イライラ 緊張 胃腸 緊張 うつ 緊張 うつ病

緊張 運転 緊張 うまくいかない 緊張 腕組み 緊張 笑顔 緊張 ed 緊張 えづく 緊張 おなら 緊張 抑える 緊張 嘔吐 緊張 お腹痛い 緊張 落ち着かせる 緊張 緩和 緊張 過呼吸 緊張 解消 緊張 気持ち悪い 緊張 筋肉痛 緊張 筋肉 緊張 記憶がない 緊張 恐怖 緊張 筋肉固まる 緊張 首の後ろ 緊張 苦しい 緊張 首 緊張 首こり 緊張 呼吸 緊張 交感神経

緊張 コントロール 緊張 酸欠 緊張 酸素 緊張 する 緊張 酸素不足 緊張 手が震える 緊張 心拍数 緊張 手汗 緊張 頻尿 緊張 食欲 緊張 心臓 緊張 手が冷たい緊張 深呼吸 緊張 ストレス 緊張 睡眠 緊張 スポーツ 緊張 スピーチ 緊張 即効性

緊張 即効 緊張 対処法 緊張 体調不良 緊張 血の気が引く 緊張 血流 緊張 チック 緊張 常に 緊張 辛い 緊張 手のひら 緊張 トイレ 緊張 解き方 緊張 頭 震える

緊張 止まらない 緊張 とける 緊張 止める 緊張 解けない 緊張 トラウマ 緊張 涙 緊張 泣く 緊張 尿意 緊張 尿 緊張 入試 緊張 認知行動療法 緊張 ニキビ 緊張 尿意 メカニズム 緊張 苦手 緊張 抜けない 緊張 抜け毛 麻痺 緊張 抜き方 仕事 緊張 抜けない緊張 眠れない 緊張 眠くなる 緊張 熱 緊張 寝る 緊張 寝汗 緊張 眠れなかった

緊張 猫背 緊張 発熱 緊張 吐く 緊張 まばたき 緊張 真っ白 緊張 マインドフルネス 緊張 真っ白になる 緊張 和らげる 緊張 和らげる方法 緊張 脇汗 緊張 脇汗 止める 緊張 脇 臭い 緊張 顔汗 緊張 顔が熱くなる 緊張 口が乾く 緊張 口乾く 緊張 具合悪い 緊張 口の渇き 緊張 口が震える 緊張 口が回らない 緊張 具合悪くなる 緊張 グラフ

緊張 グッズ 緊張 下痢 緊張 下痢 吐き気 緊張 声が出ない 緊張 声が震える 緊張 声が震える 対策 緊張 声 緊張 声がかすれる 緊張 声の震え 止め方 緊張 声が変わる 緊張 声が出にくい 緊張 残尿感 緊張 自律神経 緊張 蕁麻疹 緊張 頭痛 対処緊張 頭痛 治し方 緊張 ずっと続く 緊張 喘息 緊張 前日 緊張 全身筋肉痛 緊張 男性

緊張 疲れ 緊張 疲れ 頭痛 緊張 疲れ 回復 緊張 疲れ 吐き気 緊張 電話 緊張 デート ほぐす 緊張 場面 緊張 バイト 緊張 話が入ってこない 緊張 バイタルサイン 緊張 話が聞けない 緊張 貧乏ゆすり 緊張 勉強 緊張 勉強できない 緊張 膀胱 緊張 防衛本能 緊張 防止 緊張 膀胱炎 緊張 防衛反応 緊張 膀胱痛 緊張 防衛 緊張 パニック

緊張 パニック 汗 緊張 パニック 対処 緊張 パニック障害 症状 緊張 プレゼン緊張 プレッシャー 緊張 プレゼン 克服 緊張 プレゼン 対策 緊張 プレッシャー 克服 緊張 不眠 緊張 面接 478呼吸法 緊張

​集中

この状態は呼吸の安定性と一貫性が

高まります。

集中呼吸は、通常の呼吸数に近い呼吸として測定されますが、通常よりもはるかに一貫性があります。それは、スパイアヘルスが持続的な注意または集中を指すために使用する用語です。この状態では、交感神経と副交感神経のバランスが取れています。それは、知覚された脅威のない警戒心が特徴です。

これは、スキルに挑戦している「ポジティブストレス」の一種ですが、不安を感じることなくこれらの課題に対処できます。この状態になることは、知識作業を行うときに「ゾーン内」または「フロー内」にあると呼ばれています。

 

あなたのスパイアストーンアプリは、集中した呼吸のが途切れたときに通知し、時間の経過に伴う進行状況の指標を提供します。

集中力 集中できない 集中 集中力がない 集中 アプリ 集中 頭痛い 集中 アプリ 使い方 集中 アプリ android 集中 イライラ 集中 休憩 時間 集中 緊張 集中 呼吸 集中 交感神経 集中したいとき 集中 集中 集中 仕方 集中 仕事 集中 ストレス 集中 測定

集中 状態 うつ 集中 頭痛 仕事 全然 集中 できない スポーツ 集中 ゾーン 勉強 集中 ゾーン過 集中 ゾーン 集中 できない 集中 フロー 集中 フロー状態 集中 focus

集中 副交感神経 集中 ホワイトノイズ 集中 無呼吸 集中 瞑想 集中 リラックス

集中 タイマー 集中 高める 集中 続かない 集中 テクニック 集中 トレーニング 集中 マインドフルネス 緊張 を 集中 に 変える 集中 ガジェット 集中 グッズ 集中 自律神経

​マインドフルネス

意図的注意と非判断的意識に基づく

日常生活のための考え方

マインドフルネスとは、刺激と反応の間に仲介のための空間を作る習慣です。状況に対応するのではなく、状況に対応する流暢さを養います。これには、注意を向ける強い能力が必要です。

 

マインドフルネスのコアテクニックは、呼吸をアンカーとして、または注意のために使用することです。

 

2番目のツールは、神経系を調整して恐怖を軽減し、心を落ち着かせる手段としての呼吸の調整です。マインドフルネスの練習を増やすと、

安静時呼吸数が低下します。

 

スパイアストーンアプリは、日常生活における気持ちを高めるために、あなたの呼吸パターンの変化に関する通知を提供します。

マインドフルネス マインドフルネスとは マインドフルネス やり方 マインドフルネス瞑想 マインドフルネスとは何か マインドフルネスとは? マインドフルネス やり方 呼吸 マインドフルネス やり方 応用 マインドフルネス瞑想とは マインドフルネス瞑想 やり方 マインドフルネス瞑想法 マインドフルネス瞑想 効果

マインドフルネス瞑想 アプリ マインドフルネス認知療法 瞑想 マインドフルネス アプリ マインドフルネス ヨガ マインドフルネスとは 方法 マインドフルネス瞑想ガイド マインドフルネス アプリ android マインドフルネス アプリ

​瞑想

注意力を向上させるための練習

スパイアストーンアプリを使用する方法での瞑想は、意識の方向を制御できるようにするだけでなく、感情をよりよく認識して制御できるようにするために、私たちが注意を訓練するプラクティスです。最も一般的な瞑想テクニックは、呼吸に注意を向けることです。

定期的な瞑想訓練は、不安や抑うつを軽減し、脳の灰白質を増加させ、脳の「自己中心」および自己参照部分の活動を軽減し、集中力を改善することが示されています。

 

スパイアストーンアプリは、一流講師陣によるブーストと呼ばれるガイド付きマインドフルネス瞑想セッションを提供し、瞑想のテクニックをガイドし、自分のペースで瞑想の練習をします。瞑想を行った結果も、随時ストーンがあなたのバイタルをセンシングしますので、あなたの瞑想体験は実感がこもったものになることが期待できます。

Copyright 2017©株式会社プロジェクト・ルネサンス All Rights Reserved.

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube